• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ダーウィン【Darwin】 の意味

  1. オーストラリア北部、ノーザンテリトリーの都市。同準州の行政中心地。チモール海に面し、港湾をもつ。国際航空路の要地。旧称パーマストン。博物学者C=R=ダーウィンにちなみ改称。第二次大戦中、連合軍の拠点が置かれ、日本軍による空襲を受けた。カカドゥ国立公園リッチフィールド国立公園への観光拠点。
  • ダーウィン【Darwin】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・私が初めて訪問した時にダーウィンの『種原論』が載っていた粗末な卓子がその後脚を切られて、普通の机となって露西亜へ行くまで使用されていた。

      内田魯庵「二葉亭余談」

    • ・・・ 私は、子供に、彼の偉大なるダーウィンが生きた虫を殺そうとせず、死骸をさがしてきて、標本をつくったという話をして聞かせました。

      小川未明「近頃感じたこと」

    • ・・・これは元来ダーウィンの自然淘汰説に縁をひいていて、自然の選択を人工的に助長するにある。

      寺田寅彦「アインシュタインの教育観」