• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

だいこくや‐こうだゆう〔‐クワウダイフ〕【大黒屋光太夫】 とは

  1. [1751~1828]江戸中期の船頭。伊勢の人。名は幸太夫とも書く。天明2年(1782)米を江戸に回漕 (かいそう) 中に暴風にあい、アリューシャン列島アムチトカ島に漂着。ロシアに10年間滞留し、エカチェリーナ2世に謁見。その時の記録に「北槎聞略 (ほくさぶんりゃく) 」がある。