• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

たい‐しゃ【代謝】 の意味

  1. [名](スル)
  1. 古いものと新しいものとが次々と入れ替わること。「新陳代謝」
  1. 生体内で、物質が次々と化学的に変化して入れ替わること、また、それに伴ってエネルギーが出入りすること。

たい‐しゃ【代謝】の慣用句

  1. たいしゃいじょう【代謝異常】
    • 生体内における代謝のはたらきが正常でないこと。また、そのために引き起こされる症状。生まれつき特定の酵素などが欠如している先天性のものと、痛風糖尿病のように臓器障害によって起こるものとがある。
  1. たいしゃしょうこうぐん【代謝症候群】
  1. たいしゃせいけんこうしょうがい【代謝性健康障害】
  • たい‐しゃ【代謝】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・が、新たに入社するものはこの伝統の社風に同感するものでも、また必ずしも沼南の人物に推服するものばかりでもなかったから、暫らくすると沼南の節度に慊らないで社員は絶えず代謝して、解体前の数年間はシッキリなしにガタビシしていた。

      内田魯庵「三十年前の島田沼南」