• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

だい‐ぢから【大力】 の意味

  1. 非常に強い力。また、その持ち主。だいりき。おおぢから。
    • 「一来 (いちらい) 法師といふ―の早業ありけり」〈平家・四〉
  • だい‐ぢから【大力】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・「豪儀じゃ、豪儀じゃ、そちは左程になけれども、そちの身に添う慾心が実に大力じゃ。

      宮沢賢治「とっこべとら子」

    • ・・・「爾の時に疾翔大力、爾迦夷に告げて曰く、諦に聴け、諦に聴け、善くこれを思念せよ、我今汝に、梟鵄諸の悪禽、離苦解脱の道を述べん、と。

      宮沢賢治「二十六夜」

    • ・・・ 清助は、大力な、髭むじゃな、字の読めない正直な金持の百姓であった。

      宮本百合子「秋の反射」