• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

たたみ【畳】 の意味

  1. 和室の床に敷くもの。わらを重ねて麻糸で締めた床 (とこ) に、藺草 (いぐさ) で編んだ表をつけ、ふつう、両縁に布でへりをつける。
  1. 履物の表につける、藺草・籐 (とう) ・竹の皮などで編んだもの。
  1. 古く、敷物の総称。むしろこも薄べりの類。平安時代から行われ、初めは貴人の座る所にだけ置かれ、室町時代ごろからは部屋全体に敷き詰めるようになった。
  1. (畳み)たたむこと。「折り―の傘」

たたみ【畳】の慣用句

  1. 畳の上で死ぬ
    • 事故死や変死ではなく、あたりまえの死に方をする。
  1. 畳の上の水練
  1. 畳の塵を毟る
    • 恥ずかしがって顔を上げないようすや、手持ちぶさたで退屈しているようすにいう。畳の縁(へり)を毟る。
  1. たたみいす【畳み椅子】
    • たたんで持ち運びができるように作った椅子。
  1. たたみいと【畳糸】
    • 畳表や縁(へり)などを縫うのに用いる、青麻で作った太い糸。
  1. たたみいわし【畳鰯】
    • カタクチイワシの稚魚を板海苔状に平らに干し固めた食品。軽く火であぶって食する。
  1. たたみおび【畳み帯】
    • 帯芯を入れないで、1枚の布を折りたたんだだけの略式の帯。
  1. たたみおもて【畳表】
  1. たたみがえ【畳替え】
    • [名](スル)畳表を取り替えて新しくすること。 冬》「青桐は柱のごとし―/青畝
  1. たたみがみ【畳み紙】
  1. たたみこも【畳薦】
    • [名]畳にする薦。
      「―隔て編む数かよはさば道の芝草生ひざらましを」〈・二七七七〉
    • [枕]薦を幾重にも重ねるところから、「重(へ)」の音をもつ地名「平群(へぐり)」にかかる。
      「命の全(また)けむ人は―平群(へぐり)の山の熊白檮(くまかし)が葉を髻華(うず)にさせその子」〈・中・歌謡〉
  1. たたみさし【畳刺(し)】
    • 畳をさして作ること。また、その職人。
  1. たたみざわり【畳触り】
    • 畳に触れた感じ。畳の感触。
    • 畳への触れ方。立ち居振る舞いのこと。
      「座配万事がしっとりとしてざわつかず、―の格別なもので」〈浮・禁短気・六〉
  1. たたみざん【畳算】
    • 占いの一種。簪(かんざし)やキセルを畳の上に投げ、その向き、または落ちた所から畳の端までの編み目の数をかぞえ、その丁・半によって吉凶を占う。主に遊里で行われた。
  1. たたみじき【畳敷(き)】
    • 床に畳が敷いてあること。また、その場所。
  1. たたみじゃく【畳み尺】
    • 折り畳むことができるものさし。折り尺。畳み物差し。
  1. たたみしょく【畳職】
    • 畳を作る職人。
  1. たたみじわ【畳み皺】
    • 衣服や紙などをたたんでおくことによってできるしわ。
  1. たたみすいれん【畳水練】
    • 《畳の上で行う水泳の訓練の意》理屈ばかりで実地の訓練が欠けているため、実際には役に立たないこと。畳の上の水練。畑水練。
  1. たたみつき【畳付き】
    • 表面に畳表をつけたもの。下駄・草履などにいう。
    • 陶磁器、特に茶碗・茶入れなどの底の、畳にじかに触れる部分。
  1. たたみどこ【畳床】
  1. たたみばしご【畳み梯子】
    • 携帯などに便利なように、折りたためるように作った梯子。
  1. たたみばり【畳針】
    • 畳の床(とこ)に畳表や縁(へり)を縫いつけるのに用いる太い針。
  1. たたみぶね【畳み船】
    • 近世、折りたたんで陸上を持ち運び、必要なときに組み立てて使った軍用船。
  1. たたみべり【畳縁】
    • 畳のふち。また、そこにつける布。
  1. たたみぼうちょう【畳包丁】
    • 畳を作るときに使う包丁。畳床畳表を裁断する刃物。
  1. たたみめ【畳(み)目】
    • 紙・布などをたたんだときにできる折り目。「―のしわをのばす」
    • 畳表の編み目。畳の目。
  1. たたみものさし【畳み物差(し)/畳み尺】
    • 携帯に便利なように、折りたためるように作ったものさし。
  1. たたみやたい【畳み屋台】
    • 折りたたんで運搬できるようにつくった小型の屋台。
  • たたみ【畳】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・喜三郎はへ手をついたまま、顔を擡げる事さえ出来なかった。

      芥川竜之介「或敵打の話」

    • ・・・父は煙草をそこまで持ってゆくと、急に思いかえして、そのままの上に投げ捨ててしまった。

      有島武郎「親子」

    • ・・・ はじめは押入と、しかしそれにしては居周囲が広く、破れてはいるが、筵か、か敷いてもあり、心持四半、五、六ばかりもありそうな。

      泉鏡花「伊勢之巻」