• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

だつ‐い【脱衣】 の意味

  1. [名](スル)衣服を脱ぐこと。だつえ。「脱衣場」⇔着衣

だつ‐い【脱衣】の慣用句

  1. だついじょ【脱衣所】
    • 浴場・プールなどで、服を脱いだり着たりする場所。脱衣場。
  1. だついじょう【脱衣場】
  • だつ‐い【脱衣】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・そして、お先きにと、湯殿の戸をあけた途端、化物のように背の高い女が脱衣場で着物を脱ぎながら、片一方の眼でじろりと私を見つめた。

      織田作之助「秋深き」

    • ・・・ 古着屋の田中の新ちゃんはすでに若い嫁をもらっており、金助の抱いて行った子供を迎えにお君が男湯の脱衣場へ姿を見せると、その嫁も最近生れた赤ん坊を迎えに来ていて、仲よしになった。

      織田作之助「雨」

    • ・・・ふらふらして流し場から脱衣場へ逃れ出ようとすると、佐吉さんは私を掴え、髯がのびて居ます。

      太宰治「老ハイデルベルヒ」