• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

たまのい〔たまのゐ〕【玉井】 の意味

  1. 謡曲。脇能物観世金剛喜多流。観世小次郎信光作。記紀に取材。彦火火出見尊 (ひこほほでみのみこと) が釣り針を探しに竜宮へ行き、玉の井戸のほとりで豊玉姫と契りを結ぶ。
  • たまのい〔たまのゐ〕【玉井】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ 瀬川夫婦の友人に玉井志朗という男があった。

      宮本百合子「風知草」