• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

た・れる【垂れる】 の意味

  1. [動ラ下一][文]た・る[ラ下二]
  1. ㋐ひと続きのものの端が下の方へ低く、力なく下がる。また、一部分が下がった状態で位置する。「電線が垂れる」「雲が低く垂れる」「目じりが垂れている」
  1. ㋑水などが何かをつたって少しずつ落ちる。しずくとなって下に落ちる。したたり落ちる。「水が垂れる」「よだれが垂れる」
  1. ㋐ひと続きのものの端を下の方へだらりと下げる。たらす。「釣り糸を垂れる」「首を垂れる」
  1. ㋑目上の者が目下の者に示したり、与えたりする。「教えを垂れる」「恵みを垂れたもう」
  1. ㋒のちのちまで残す。「名を後世に垂れる」
  1. ㋓(「放れる」とも書く)大小便や屁 (へ) などをする。排泄 (はいせつ) する。「寝小便を垂れる」
  1. ㋔「言う」を卑しめていう語。「文句を垂れる」
  1. 「剃る」の忌み詞。また、刃物がよく切れる。
    • 「あんまりよい月影に額―・れうと思うて」〈浄・重井筒
「鋏 (はさみ) をくれる筈ぢゃが、―・るるかしらぬ」〈浮・一代男・一〉
  • た・れる【垂れる】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・康頼は何でも願さえかければ、天神地神諸仏菩薩、ことごとくあの男の云うなり次第に、利益を垂れると思うている。

      芥川竜之介「俊寛」

    • ・・・折から、降りが、前よりもひどくなって、肩をすぼめて歩いていると、鼻の先からは、滴が垂れる

      芥川竜之介「仙人」

    • ・・・そこで泰さんが水の垂れる麦酒罎の尻をとって、「さあ、ちっと陽気に干そうじゃないか。

      芥川竜之介「妖婆」