• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

いとう‐たんあん【伊藤坦庵】 とは

  1. [1623~1708]江戸前期の儒学者。京都の人。名は宗恕。初め医師となったが、のち、福井藩に儒官として仕えた。師の江村専斎の談話を集めた「老人雑話」の編者。著「坦庵遺稿」。