• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

いと‐ぐち【糸口/緒】 の意味

  1. 巻いてある糸の端。糸の先。
  1. きっかけ。手がかり。「話の糸口」「解決の糸口」
  1. 墨壺 (すみつぼ) の、墨糸を引き出す部分。
  • いと‐ぐち【糸口/緒】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・彼等は皆頸のまわりに、にぬいた玉を飾りながら、愉快そうに笑い興じていた。

      芥川竜之介「神神の微笑」

    • ・・・ちょうど当り出した薄日の光に、飾の金をきらめかせながら。

      芥川竜之介「将軍」

    • ・・・フランシスはやがて自分の纏ったマントや手に持つ笏に気がつくと、甫めて今まで耽っていた歓楽の想出の糸口が見つかったように苦笑いをした。

      有島武郎「クララの出家」