• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

いとし・い【愛しい】 の意味

  1. [形][文]いと・し[シク]《「いとおしい」から》
  1. かわいく思うさま。恋しく慕わしい。「―・いわが子」「―・い人」
  1. かわいそうだ。ふびんだ。「哀れな境遇を―・く思う」
  1. [派生]いとしがる[動ラ五]いとしげ[形動]いとしさ[名]
  • いとし・い【愛しい】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・彼と云う、我ただ一人の愛しい人は私に、ひたすら、涙を流させるために私の前に現れたのか  涙ながれちるわが涙どこにそそごう――私の愛す人の胸は遠くかたく涙にとけるとも思えない。

      宮本百合子「初夏(一九二二年)」

    • ・・・というと、さも見下果たという様子を口元にあらわして、僕の手を思い入れ握りしめ、「どうしてどうしてお死になされたとわたしが申た愛しいお方の側へ、従四位様を並べたら、まるで下郎を以て往たようだろうよ」と仰有ってまたちょっと口を結び、力のなさそう・・・

      若松賤子「忘れ形見」