• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

たん‐せい【嘆声/×歎声】 の意味

  1. なげいたり感心したりしたときに発する声。ため息。「思わず嘆声をもらす」
  • たん‐せい【嘆声/×歎声】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・が、今度は叱声の代りに、深い感激の嘆声だった。

      芥川竜之介「将軍」

    • ・・・けれども、君のその嘆声は、いつわりである。

      太宰治「虚構の春」

    • ・・・私は思わず嘆声を発した。

      太宰治「誰」