• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

だんりん‐ふう【談林風】 の意味

  1. 大坂の西山宗因を中心に延宝年間(1673~1681)に盛行した俳諧の一派。また、その俳風。貞門一派の伝統的な方式に対し、奇抜な俳風で自由な表現形式をとった。蕉風 (しょうふう) が興るとともに衰退。宗因風。談林派。