• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

だん‐ろ【暖炉/×煖炉】 の意味

  1. 火をたいて部屋を暖める炉。特に、壁に設けたもの。 冬》「一片のパセリ掃かるる―かな/不器男」
  • だん‐ろ【暖炉/×煖炉】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・大川に臨んだ仏蘭西窓、縁に金を入れた白い天井、赤いモロッコ皮の椅子や長椅子、壁に懸かっているナポレオン一世の肖像画、彫刻のある黒檀の大きな書棚、鏡のついた大理石の煖炉、それからその上に載っている父親の遺愛の松の盆栽――すべてがある古い新しさ・・・

      芥川竜之介「開化の良人」

    • ・・・瓦斯煖炉の炎も赤あかとその木の幹を照らしているらしい。

      芥川竜之介「少年」

    • ・・・これもやはりざあざあ雨の降る晩でしたが、私は銀座のある倶楽部の一室で、五六人の友人と、暖炉の前へ陣取りながら、気軽な雑談に耽っていました。

      芥川竜之介「魔術」