• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ちゃたて‐むし【茶立虫/茶柱虫】 の意味

  1. チャタテムシ目の昆虫の総称。体長約5ミリで、軟弱。かむ口をもち、触角は糸状。翅 (はね) は膜質で脈が少ないが、翅をもたないものもある。不完全変態。樹幹などにすみ、室内にもいる。室内種に、腹を物にぶつけたりしてサッサッサという音を出すものがあり、昔はその音源がわからないため小妖怪になぞらえ、小豆洗い・菜刻みなどともよばれた。噛虫 (ごうちゅう) 類。 秋》「此部屋に幾年ぶりぞ―/草田男