• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あ・う〔あふ〕【会う/遭う/遇う/×逢う】 の意味

  1. [動ワ五(ハ四)]《「合う」と同語源》
  1. (会う・逢う)
  1. ㋐互いに顔を向かい合わせる。場所を決めて対面する。「客に―・う」「明日、いつもの場所で―・おう」
  1. ㋑たまたま人と出あう。「駅でばったり知人と―・った」
  1. (遭う・遇う)好ましくないことに出あう。「事故に―・う」「強い反対に―・う」
  1. 立ち向かう。戦う。「決勝戦で―・うチームは強敵だ」
  1. ある時期にめぐりあう。
    • 「天地 (あめつち) の栄ゆる時に―・へらく思へば」〈・九九六〉
  1. 夫婦になる。
    • 「この世の人は男は女に―・ふことをす」〈竹取
  1. 対する。向かう。
    • 「傍 (かたへ) (=カタワラノ人)に―・ひて、御子はおはすやと問ひしに」〈徒然・一四二〉
  1. [可能]あえる

あ・う〔あふ〕【会う/遭う/遇う/×逢う】の慣用句

  1. 逢うは別れの始め
    • 白居易「和夢遊春詩一百韻」の「合うは離るるの始め」から》会った人とはいつか必ず別れなければならない。無常のたとえ。
  1. 逢うた時に笠を脱げ
    • 《知人に出会ったら、すぐ笠をとってあいさつをせよ、の意から》よい機会は逃さず利用せよということ。
  • あ・う〔あふ〕【会う/遭う/遇う/×逢う】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・何さま、悪く放免の手にでもかかろうものなら、どんな目に遭うかも知れませぬ。

      芥川竜之介「運」

    • ・・・初めのうちは青い道を行ってもすぐ赤い道に衝当たるし、赤い道を辿っても青い道に出遇うし、欲張って踏み跨がって二つの道を行くこともできる。

      有島武郎「二つの道」

    • ・・・「どうして貴方に逢うまで、お飯が咽喉へ入るもんですか。

      泉鏡花「伊勢之巻」