• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ちょうせん‐つうしんし〔テウセン‐〕【朝鮮通信使】 の意味

  1. 朝鮮国王が日本に派遣した外交使節団。江戸時代、主に将軍の代替わりの際などに来日し、慶長12年(1607)から文化8年(1811)まで12回を数えた。朝鮮使節。