• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

アウストラロピテクス【(ラテン)Australopithecus】

  1. 《南の猿の意》約400万年から100万年前にかけて生息していた初期の人類。1924年、南アフリカでR=ダートにより発見された。頭蓋 (とうがい) の容量はゴリラとほぼ同じで、直立歩行した。オーストラロピテクス。→アウストラロピテクス‐アフリカヌスアウストラロピテクス‐アファレンシスアウストラロピテクス‐セディバ
  1. アウストラロピテクスアファレンシス【Australopithecus afarensis】
  1. アウストラロピテクスアフリカヌス【Australopithecus africanus】
  1. アウストラロピテクスセディバ
    • 《「セディバ」は現地語で「泉」の意》約190万年前に生息していたアウストラロピテクス属の猿人の一種。2008年に南アフリカの洞穴で少年と成人女性の化石が発見された。主に樹上で生活し、直立二足歩行もできたと考えられている。セディバ猿人。