• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

つきのわ‐ぐま【月輪熊】 の意味

  1. クマ科の哺乳類。体毛は黒く、胸の上部に三日月形の白斑がある。ヒマラヤ地方から中国・朝鮮半島・日本にかけて分布。ニホンツキノワグマはこの一亜種で、本州・四国の山地にすみ、樹洞や岩穴で冬ごもりをし、この間に雌は子を産む。かつては九州にも分布していたが、現在は絶滅したものとみなされている。
  1. [補説]平成21年(2011)に大分県の祖母山でクマと考えられる動物が目撃され、日本クマネットワーク(JBN)が調査を行ったが、ツキノワグマの痕跡は発見されなかった。