• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

つ‐ごもり【×晦/晦日】 の意味

  1. 《「つきごも(月隠)り」の音変化。月が隠れて見えない意から》
  1. 月の最後の日。みそか。
  1. 陰暦で、月の下旬のほぼ10日間。
    • 「富士の山を見れば、五月の―に、雪いと白う降れり」〈伊勢・九〉

つ‐ごもり【×晦/晦日】の慣用句

  1. つごもりがた【晦方】
    • みそかに近いころ。
      「十月―に、あからさまに来て見れば」〈更級
  • つ‐ごもり【×晦/晦日】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・顕にして、肯定にして否定とは正に『それだけだ』の謂でありましょう。

      芥川竜之介「侏儒の言葉」

    • ・・・毎月の月給が日の晩になっても集金人が金を持って帰るまでは支払えなくて、九時過ぎまでも社員が待たされた事が珍らしくなかった。

      内田魯庵「三十年前の島田沼南」

    • ・・・ 私は途方にれながら、それでもブラブラと当もなしに町を歩いた。

      小栗風葉「世間師」