• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

つしま【対馬】 の意味

  1. 旧国名の一。現在の長崎県対馬全島にあたる。対州 (たいしゅう) 。
  1. [補説]古くは「津島」とも書いた。
  1. 九州と朝鮮半島との間にある島。面積約698平方キロメートル。長崎県に属する。古くから朝鮮半島や中国との通路にあたる要地。漁業を主産業とする。
  1. 長崎県の対馬を占める市。平成16年(2004)に厳原 (いづはら) 町、美津島 (みつしま) 町、豊玉町、峰町、上県 (かみあがた) 町、上対馬 (かみつしま) 町が合併して成立。漁業が主要産業。人口3.4万(2010)。
  1. 対馬音」の略。
  1. 対馬砥 (ど) 」の略。
  1. 対馬焼」の略。

つしま【対馬】の慣用句

  1. つしまいろは【対馬伊呂波】
  1. つしまおん【対馬音】
    • 古く、日本に伝来した漢字音の一。後世、呉音と同じものとされた。欽明(きんめい)天皇の時、百済(くだら)の尼僧、法明が対馬に来て呉音で維摩経(ゆいまぎょう)を読んで仏教を伝えたという伝承による。つしまごえ。
  1. つしまかいきょう【対馬海峡】
    • 長崎県対馬壱岐(いき)間の東水道、および対馬・朝鮮半島間の西水道の総称。一般には東水道をさし、西水道を朝鮮海峡とよぶ。
  1. つしまかいきょうせん【対馬海峡線】
  1. つしまかいりゅう【対馬海流】
  1. つしまくうこう【対馬空港】
    • 長崎県対馬市にある空港。地方管理空港の一。昭和50年(1975)開港。愛称、対馬やまねこ空港。
  1. つしまし【対馬市】
  1. つしません【対馬線】
    • 動物地理区の境界線の一。対馬海峡に引かれ、この線より北側に位置する対馬には大陸系のツシマヤマネコ、および爬虫類(はちゅうるい)のアカマダラヘビが分布。ただし対馬には日本固有種も多く、朝鮮半島との生物境界は朝鮮海峡とする見方も有力。対馬海峡線。
  1. つしまだんりゅう【対馬暖流】
  1. つしまど【対馬砥】
    • 対馬から産出する砥石(といし)。かみそりの研ぎ出しなどに用いる。
  1. つしまのくに【対馬国】
  1. つしまやき【対馬焼】
    • 対馬から産出した焼き物。ふつう、朝鮮の釜山窯(ふざんよう)のものも含めていう。享保(1716~1736)ごろ朝鮮の陶法が伝えられて創始。茶器が主で、陶器のほか磁器も焼いた。
  1. つしまやまねこ【対馬山猫】
    • ネコ科の哺乳類。ベンガルヤマネコの一亜種とされる。家猫くらいの大きさで、目立たない斑点がある。対馬にすみ、天然記念物
  1. つしまやまねこくうこう【対馬やまねこ空港】
  1. つしまよみ【対馬読み】
    • 漢字を、対馬音で読むこと。
  • つしま【対馬】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ 詐欺師や香具師の品玉やテクニックには『永代蔵』に狼の黒焼や閻魔鳥や便覧坊があり、対馬行の煙草の話では不正な輸出商の奸策を喝破しているなど現代と比べてもなかなか面白い。

      寺田寅彦「西鶴と科学」

    • ・・・ 比較的新しい地質時代まで日本が対馬のへんを通して朝鮮と陸続きになっていたことは象や犀の化石などからも証明されるようであるが、それと連関して、もしも対馬朝鮮の海峡をふさいでしまって暖流が日本海に侵入するのを防いだら日本の気候に相当顕著な・・・

      寺田寅彦「日本人の自然観」

    • ・・・徳川将軍は名君の誉れの高い三代目の家光で、島原一揆のとき賊将天草四郎時貞を討ち取って大功を立てた忠利の身の上を気づかい、三月二十日には松平伊豆守、阿部豊後守、阿部対馬守の連名の沙汰書を作らせ、針医以策というものを、京都から下向させる。

      森鴎外「阿部一族」