• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

つばき【×椿/山茶/海榴】 の意味

  1. ツバキ科の常緑高木。本州以南に自生するが、関東以北では海岸地帯に点在し、ヤブツバキともいう。高さ3~7メートル。葉は楕円形で厚く、つやがある。春、赤い花をつける。花びらは5枚あり下部が合着し、多数の雄しべも基部が合着している。果実は球形で、秋に熟すと厚い果皮が裂けて黒い種子が現れ、種子から椿油をとる。ワビスケなど多くの品種があり庭木としても重用される。ユキツバキトウツバキとの交雑も行われ、白・桃色などの花もある。 春 実=秋》「椿落ちて昨日の雨をこぼしけり/蕪村
  1. 襲 (かさね) の色目の名。表は蘇芳 (すおう) 、裏は赤。

つばき【×椿/山茶/海榴】の慣用句

  1. つばきあぶら【椿油】
    • 椿の種子からとれる不乾性油。黄色っぽく、特有のにおいがある。食用油・髪油などにする。伊豆諸島や九州南部が主産地。
  1. つばきもち【椿餅】
  1. つばきもも【椿桃】
  • つばき【×椿/山茶/海榴】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・縁先に垂れた簾の外には、前栽の竹むらがあるのですが、椿の油を燃やした光も、さすがにそこまでは届きません。

      芥川竜之介「俊寛」

    • ・・・僕は今人の作品の外にも、椿岳や雲坪の出来の善いものを幾つか滝田君に見せて貰った。

      芥川竜之介「滝田哲太郎氏」

    • 椿が濃い紅の実をつづる下に暗くよどんでいる濠の水から、灘門の外に動くともなく動いてゆく柳の葉のように青い川の水になって、なめらかなガラス板のような光沢のある、どことなく LIFELIKE な湖水の水に変わるまで、水は松江を縦横・・・

      芥川竜之介「松江印象記」