• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

いまい‐そうきゅう〔いまゐソウキウ〕【今井宗久】 とは

  1. [1520~1593]安土桃山時代の堺の豪商・茶人。大和今井の人。名は兼員。号、昨夢斎。武野紹鴎 (たけのじょうおう) に茶を学ぶ。織田信長に近づいて堺対策に協力し、多くの利権を握る。のち、豊臣秀吉の茶頭となり、千利休津田宗及とともに三大宗匠と称された。「今井宗久茶湯日記抜書」がある。