• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

いま‐みや【今宮】 の意味

  1. 新たに生まれた皇子。
  1. 本宮から神霊を分けて、新しく祭った神社。若宮。新宮 (しんぐう) 。
  • いま‐みや【今宮】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・男は、今宮へ行けば市営の無料宿泊所もあるが、しかし、人間そんな所の厄介になるようではもうしまいだと言いながら、その小屋に泊めてくれました。

      織田作之助「アド・バルーン」

    • ・・・やはり栄えた筆頭は芸者に止めをさすのかと呟いた途端に、私は今宮の十銭芸者の話を聯想したが、同時にその話を教えてくれた「ダイス」のマダムのことも想い出された。

      織田作之助「世相」

    • ・・・軽く礼して、わが渡す外套を受け取り、太くしわがれし声にて、今宮本ぬしの演説ありと言いぬ。

      国木田独歩「おとずれ」