• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

てき‐ぎ【適宜】 の意味

  1. [名・形動]
  1. 状況によく合っていること。また、そのさま。適当。「適宜な(の)処理」「成績不振者に適宜個人指導をする」
  1. 便宜に従うこと。その時々に応じて、各自の判断で行動するさま。「適宜に席に着く」「見学後適宜解散とする」
  • てき‐ぎ【適宜】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・「その日に自分が為るだけの務めをしてしまってから、適宜の労働をして、湯に浴って、それから晩酌に一盃飲ると、同じ酒でも味が異うようだ。

      幸田露伴「太郎坊」

    • ・・・此等の船は隅田川へ入って来て、適宜の場所へ夜泊して仕事をして居る。

      幸田露伴「夜の隅田川」

    • ・・・光線に対しては乳色ガラスのランプシェードのように光を弱めずに拡散する効果があり、風に対してもその力を弱めてしかも適宜な空気の流通を調節する効果をもっている。

      寺田寅彦「日本人の自然観」