• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

てぐす【天糸】 の意味

  1. テグスサンの幼虫の体内から絹糸腺 (けんしせん) を取り出し、酸で処理して得た白色透明の糸。釣り糸に用いる。合成繊維のものにもいう。てんさんし。てぐすいと。てんぐす。

てぐす【天糸】の慣用句

  1. てぐすいと【天蚕糸】
  1. てぐすが【天蚕糸蛾】
  1. てぐすさん【天蚕糸蚕】
    • ヤママユガ科の昆虫。翅(はね)の開張9~12センチ、全体に淡褐色。幼虫はフウ・クスノキなどの葉を食う。幼虫の絹糸腺からてぐすをとるため、飼育された。中国大陸南部・海南島などに分布。楓蚕(ふうさん)。てぐすが。