• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

でん【×澱】 の意味

  1. [音]デン(呉) [訓]おり よどむ
  1. 水底にたまったかす。おり。「澱粉
  1. よどむ。「沈澱
  1. [補説]2は「殿」を代用字とすることがある。
  1. [難読]沈澱 (おどみ) 
  • でん【×澱】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・流レ、ミテ淵、怒リテハ沸々ノ瀬、懸リテハ滝、果ハ、ミナ一。

      太宰治「創生記」

    • ・・・梅故郷春深し行々て又行々 楊柳長堤道漸くくれたり矯首はじめて見る故園の家黄昏戸に倚る白髪の人弟を抱き我を待春又春君不見古人太祇が句藪入の寝るやひとりの親の側 なおこのほかに河歌三首あり。

      正岡子規「俳人蕪村」

    • ・・・ 空を見ると冴えた水色とすこしった焔のような紅色とが横だんだらに空じゅうひろがっている。

      宮本百合子「情景(秋)」