• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

てん‐か〔‐クワ〕【転×訛】 の意味

  1. [名](スル)語の本来の発音がなまって変わること。また、その音や語。「転訛した語形」
  • てん‐か〔‐クワ〕【転×訛】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・錯覚や誇張さらに転訛のレンズによってはなはだしくゆがめられた影像からその本体を言い当てなければならない。

      寺田寅彦「怪異考」

    • 地名は保存されつつ永い年代の間に転訛する、一方で吾々の通用語はまたこれと別の経路を取って変遷するからである。

      寺田寅彦「土佐の地名」

    • ・・・ たとえば子音転訛の方則のごときでも、独断的の考えを捨てて、可能なるものの中から甲乙丙……等の作業仮定を設けて、これらにそれぞれ相当するPを算出し、また一方この仮定による実際の比較統計の符合の率を算出し、この両者を比較して、その結果から・・・

      寺田寅彦「比較言語学における統計的研究法の可能性について」