• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

てん‐じゅ【天寿】 の意味

てん‐じゅ【天寿】の慣用句

  1. てんじゅこく【天寿国】
    • 極楽のことという。聖徳太子が死後に行った国と伝えられる。无寿国(むじゅこく)の読み誤りによってできた語ともいわれる。
  1. てんじゅこくまんだら【天寿国曼荼羅】
    • 聖徳太子の死後、妃の橘大郎女(たちばなのおおいらつめ)が、天寿国における太子の往生のさまを縫い取りさせた最古の日本刺繍(ししゅう)二帳。現在はわずかな残欠が中宮寺に伝わる。国宝。天寿国繍帳(しゅうちょう)
  • てん‐じゅ【天寿】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・その二、三をあげれば、天寿をまっとうして死ぬのでなく、すなわち、自然に老衰して死ぬのでなくして、病疾その他の原因から夭折し、当然うけるであろう、味わうであろう生を、うけえず、味わいえないのをおそれるのである。

      幸徳秋水「死刑の前」

    • ・・・ 即ち死ちょうことに伴なう諸種の事情である、其二三を挙ぐれば、天寿を全うして死ぬのでなく、即ち自然に老衰して死ぬのでなくして、病疾其他の原因から夭折し、当然享くべく味うべき生を、享け得ず味わい得ざるを恐るるのである、来世の迷信から其妻子・・・

      幸徳秋水「死生」