• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

てんとう‐むし〔テンタウ‐〕【瓢虫/天道虫/紅娘】 の意味

  1. 甲虫目テントウムシ科の昆虫の総称。体長7ミリくらい、半球状で足は短い。幼虫は体が長く、体表に針状の毛が散在する。アブラムシカイガラムシ、植物の病菌を食べるもののほか、農作物の害虫となるものもいる。 夏》「老松の下に―と在り/茅舎
  1. テントウムシ科の昆虫。最も普通にみられる種で、背面は黒に橙色の紋、橙色に黒色の紋などさまざまな模様のものがある。触ると悪臭のある橙黄色の汁を出す。幼虫・成虫ともアブラムシを食べる益虫。なみてんとう。

てんとう‐むし〔テンタウ‐〕【瓢虫/天道虫/紅娘】の慣用句

  1. てんとうむしだまし【偽瓢虫】
    • 甲虫目テントウムシダマシ科の昆虫の総称。テントウムシに似る。ヨツボシテントウダマシは体長約5ミリ、橙黄色で翅(はね)に黒紋があり、石の下や草むらなどにすむ。 夏》