• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

どう【×瞠】 の意味

  1. [音]ドウ(ダウ)(慣) [訓]みはる
  1. 目を見張る。「瞠若瞠目
  • どう【×瞠】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ と的面にこっちを向いて、眉の優しい生際の濃い、鼻筋の通ったのが、何も思わないような、しかも限りなき思を籠めた鈴のような目をって、瓜核形の顔ばかり出して寝ているのを視めて、大口を開いて、「あはは、あんな顔をして罪のない、まだ夢じゃ・・・

      泉鏡花「葛飾砂子」

    • ・・・と判事も屹と目をったが、この人々はその意気において、五という数が、百となって、円とあるのに慌てるような風ではない。

      泉鏡花「政談十二社」

    • ・・・ 阪急百貨店の地下室の入口の前まで降りて行った時、新吉はおやっと眼をった。

      織田作之助「郷愁」