• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

い‐れい〔ヰ‐〕【慰霊】 の意味

  1. [名](スル)死んだ人や動物の霊を慰めること。「―塔」

い‐れい〔ヰ‐〕【慰霊】の慣用句

  1. いれいさい【慰霊祭】
    • 死者の霊を慰め、鎮めるために行う祭式。
  1. いれいのひ【慰霊の日】
    • 沖縄県が定める記念日。6月23日。昭和20年(1945)に沖縄で日本軍による組織的戦闘が終わったとされる日。毎年、糸満市の平和祈念公園で沖縄全戦没者追悼式が行われる。→沖縄戦
  • い‐れい〔ヰ‐〕【慰霊】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・を文化にもたらす組織として成立し、事業を物故文芸家慰霊祭、遺品展覧会、昨年度優秀文学作品表彰、機関誌『文芸懇話会』の発行とした。

      宮本百合子「今日の文学の展望」

    • ・・・こういう神秘主義を様々の形にかえてコケおどしの慰霊祭のおかげで、支配者たちは自分の利益のために殺した満蒙出征戦死兵の窮迫した遺族からの反抗をふせいでいるのだ。

      宮本百合子「文芸時評」