• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

とくい‐まんめん【得意満面】 の意味

  1. [名・形動]得意そうな気持ちが顔じゅうに満ちあふれること。また、そのさま。「得意満面な(の)笑 (え) みを浮かべる」
  • とくい‐まんめん【得意満面】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ 王氏も得意満面でした。

      芥川竜之介「秋山図」

    • ・・・ 私たち夫婦のこんな軽薄きわまる社交的な儀礼も、彼にとってまんざらでもなかったらしく、得意満面で、「やあ、固苦しい挨拶はごめんだ。

      太宰治「親友交歓」

    • ・・・ スタートラインに並んで、未だ出発の合図のピストルの打ち鳴らされぬまえに飛び出し、審判の制止の声も耳にはいらず、懸命にはしってはしってついに百米、得意満面ゴールに飛び込み、さて写真班のフラッシュ待ちかまえ、にっと笑ってみるのだが、少し様・・・

      太宰治「答案落第」