• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

とっ‐き【突起】 の意味

  1. [名](スル)ある部分が周囲より高く突き出ていること。また、そのもの。でっぱり。「ひときわ突起したビル」「虫様 (ちゅうよう) 突起」
  • とっ‐き【突起】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・を脱ぎ取って縁側へ並べたり子芋の突起を鼻に見立てて真書き筆でキューピーの顔をかき上げるものもあった。

      寺田寅彦「球根」

    • ・・・しかし不幸にして特に四十二歳の前後に跨がった著しい突起を見出すことは出来なかった。

      寺田寅彦「厄年と etc.」

    • ・・・遥のかなたに小名木川の瓦斯タンクらしいものが見え、また反対の方向には村落のような人家の尽きるあたりに、草も木もない黄色の岡が、孤島のように空地の上に突起しているのが見え、その麓をいかにも急設したらしい電車線路が走っている。

      永井荷風「元八まん」