• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ど‐はい【奴輩】 の意味

  1. 人々を卑しめていう語。やつばら。あいつら。
    • 「虚誕を設けて危難を逃るるの―ならんや」〈織田訳・花柳春話〉
  • ど‐はい【奴輩】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・世の中の、正直者とかいう奴輩にうんと見せつけてやりたいものさ。

      太宰治「走れメロス」

    • ・・・然かのみならず不品行にして狡猾なる奴輩は、己が獣行を勝手にせんとして流石に内君の不平を憚り、乃ち策を案じて頻りに其歓心を買い其機嫌を取らんとし、衣裳万端その望に任せて之を得せしめ、芝居見物、温泉旅行、春風秋月四時の行楽、一として意の如くなら・・・

      福沢諭吉「女大学評論」