• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あお‐がい〔あをがひ〕【青貝】 の意味

  1. 螺鈿 (らでん) の材料に用いる貝。ヤコウガイオウムガイアワビなど。また、それらの貝殻を用いた細工。
  1. ユキノカサガイ科の巻き貝。海岸の岩礁にすむ。貝殻は楕円形の笠形で、殻径約3センチ。表面は暗緑色、内面は光沢のある青緑色。
  • あお‐がい〔あをがひ〕【青貝】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・のみならず頸のまわりへ懸けた十字架形の瓔珞も、金と青貝とを象嵌した、極めて精巧な細工らしい。

      芥川竜之介「黒衣聖母」

    • ・・・ この光、ただに身に添うばかりでなく、土に砕け、宙に飛んで、翠の蝶の舞うばかり、目に遮るものは、臼も、桶も、皆これ青貝摺の器に斉い。

      泉鏡花「伊勢之巻」

    • ・・・枝に渡して、ほした大根のかけ紐に青貝ほどの小朝顔が縋って咲いて、つるの下に朝霜の焚火の残ったような鶏頭が幽に燃えている。

      泉鏡花「小春の狐」