• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ない‐せつ【内接/内切】 の意味

  1. [名](スル)多角形の各頂点が一つの円の円周上の一点に接すること、一つの円の円周が一つの多角形の各辺の一点に接すること、小円が大円の内側にあって大円の円周上の一点で接していること、一つの多角形の各頂点がその外側にある多角形の各辺と一点で接すること、一つの球がその外側にある多面体の各面と一点で接することなど。⇔外接

ない‐せつ【内接/内切】の慣用句

  1. ないせつえん【内接円】
    • 円や多角形に内接する円。⇔外接円
  1. ないせつたかくけい【内接多角形】