• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

なかの【中野】 の意味

なかの【中野】の慣用句

  1. なかのこうじ【中野孝次】
  1. なかのしげはる【中野重治】
  1. なかのしげはるししゅう【中野重治詩集】
    • 中野重治の詩集。叙情詩、思想詩、抵抗詩など幅広い作品を収める。昭和6年(1931)ナップ出版部から刊行されるが、発禁処分となる。その後もいくつかの版が刊行されている。
  1. なかのせいごう【中野正剛】
    • [1886~1943]政治家。福岡の生まれ。新聞記者を経て衆議院議員となり、憲政会立憲民政党に所属。東方会を組織し、民間での全体主義運動を推進。「戦時宰相論」で東条英機首相を批判、さらに内閣打倒を策して逮捕され、釈放直後自殺。
  1. なかのたけじ【中野武二】
    • [1884~1947]野球選手・審判。東京の生まれ。一高主将として活躍したのち、同校のコーチとなる。公正な審判員としても評価され、早慶戦や国際試合で主審を務めた。
  1. なかのよしお【中野好夫】
  1. なかのりゅうほ【中野柳圃】