• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あおき〔あをき〕【青木】

  1. あおきこんよう【青木昆陽】
    • [1698~1769]江戸中期の蘭学者。江戸の人。初め伊藤東涯(いとうとうがい)に師事。甘藷(かんしょ)(サツマイモ)を救荒作物として普及に尽力し、甘藷先生とよばれた。著「和蘭文字略考」「蕃薯考」など。
  1. あおきしげる【青木繁】
    • [1882~1911]洋画家。久留米の生まれ。西欧世紀末芸術の影響を受けて伝説・神話に取材した作品が多い。放浪のうちに夭折。「海の幸」「わだつみのいろこの宮」などの作がある。
  1. あおきしゅうぞう【青木周蔵】
  1. あおきしゅうひつ【青木周弼】
    • [1803~1863]江戸末期の医学者。周防(すおう)の人。江戸・長崎で蘭学を学び、のちに長州藩医として種痘を実施。著「袖珍(しゅうちん)内外方叢」「察病論」など。
  1. あおきまさひこ【青木昌彦】
    • [1938~2015]経済学者。愛知の生まれ。東大在学中、マルクス経済学を専攻し共産主義者同盟の指導部として活動。姫岡玲治(ひめおかれいじ)の筆名も用いた。のち、近代経済学に転じ「比較制度分析」の理論を確立。スタンフォード大・京大などで教授を歴任。経済産業研究所所長、国際経済学連合会長も務めた。著「比較制度分析に向けて」「現代の企業」「組織と計画の経済理論」など。
  1. あおきまさる【青木正児】
    • [1887~1964]中国文学者。山口の生まれ。京大卒。東北大・京大などで中国文学を講じ、中国の文学や戯曲などのほか書画・飲食・風俗に関する論考を残す。著書に「支那文学思想史」「支那近世戯曲史」「中華名物考」「琴棊(きんき)書画」「華国風味」など。
  1. あおきもくべい【青木木米】
    • [1767~1833]江戸後期の陶工・南画家。京都の人。後年、聾米(ろうべい)と号す。煎茶(せんちゃ)器にすぐれ、交趾(コーチ)染め付けなどを得意とした。
  1. あおきろすい【青木鷺水】
    • [1658~1733]江戸中期の俳人・浮世草子作者。京都の人。作品は「お伽百物語」「近代因果物語」など。