• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

なに‐と【何と】 の意味

  1. [連語]《代名詞「なに」+格助詞「と」》ほかにも同種類のものがあるという意を表す。助詞的に用いられる。など。
    • 「これかれ酒―持て追ひ来て」〈土佐
  1. [副]
  1. どんなふうに。どのように。
    • 「さても維盛卿の子息は―候ふやらん」〈平家・一二〉
  1. なぜ。どうして。
    • 「―かく思ひも分かでしのぶらん過ぎにし方も同じ憂き世を」〈新後撰・雑下〉
  1. [感]
  1. 問い返すときに用いる。なんだって。
    • 「『兄弟の者の細首を、ただ一討ちに討ち落としたると申し候』『えい―、―』」〈謡・烏帽子折
  1. 相談・質問などを相手にもちかけるときに用いる。どうだ。ところで。
    • 「―、酒は売れまらするか」〈虎明狂・伯母が酒

なに‐と【何と】の慣用句

  1. 何とした
    • どうした。どういう。
      「―しだらで何方(いづかた)へ立ち退(の)きやる」〈浄・博多小女郎
    • どんな…も。いかなる…も。
      「―敵にも左右なう取りひしがるることあるまじいぞ」〈天草本伊曽保・百姓と子供〉
    • どうしたらよい。どうすべき。
      「汝が知らずはあるまい。―ものであらうぞ」〈虎寛狂・末広がり
  1. 何として
    • 原因・動機・手段などについての疑問を表す。どうして。なぜ。なんのために。
      「―憂き身一つの残るらん同じ昔の人はなき世に」〈新後撰・雑下〉
    • 反語の意を表す。どうして…であろうか。
      「わが一生涯は―よからうぞ」〈周易抄・六〉
  1. 何と無し
    • 事物の状態や雰囲気などが、それと限定されないさま。これということもない。
      「空のけしきの、―・くすずろにをかしきに」〈・五〉
    • とり立てて言うに及ばない。平凡である。
      「―・き御歩きももの憂くおぼしなられて」〈・葵〉
    • 意識しないでも、気持ちがそちらに向くさま。
      「鵜飼一人ありけるが―・く佐殿を見奉り」〈平治・下〉
  1. 何とは無し
    • 別にどうということもない。なんとはなし。
      「―・けれど、過ぐる齢にそへて忘れぬ昔の御物語など承り」〈・鈴虫〉
  1. 何とやらん
    • なんであろうか。どういうものか。
      「漫々たる海上に、―はたらく物あり」〈延慶本平家・二本〉
    • なんとなく。どことなく。
      「―足がひろがったやうで歩(あり)きにくいよ」〈虎明狂・引敷聟〉
  1. なにとかは【何とかは】
    • [連語]
    • 疑問を表す。どのように…か。
      「君なくて岩のかけ道絶えしより松の雪をも―見る」〈・椎本〉
    • 反語の意を表す。どうして…か。
      「つれなき人の御心をば―見奉りとがめむ」〈・初音〉
  1. なにとかも【何とかも】
    • [連語]どういうわけでまあ…か。どうしてまあ…か。
      「本ごとに花は咲けども―愛(うつく)し妹(いも)がまた咲き出来(でこ)ぬ」〈孝徳紀・歌謡〉
  • なに‐と【何と】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・――Nさん、これば何と言うの?」 僕は足もとの草をむしり、甚平一つになったNさんに渡した。

      芥川竜之介「海のほとり」

    • 何とまあ孩児の痛ましくさかぶぞい。

      有島武郎「カインの末裔」

    • ・・・同じ白石の在所うまれなる、宮城野と云い信夫と云うを、芝居にて見たるさえ何とやらん初鰹の頃は嬉しからず。

      泉鏡花「一景話題」