• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

なみ【波/浪/×濤】 の意味

  1. 風や震動によって起こる海や川の水面の高低運動。波浪。「波が寄せてくる」「波が砕ける」「逆巻く波」
  1. 空間や物体の一部における振動や変化が、周囲の部分に次々に伝わっていく現象。波動。「光の波」「音の波」
  1. 押し寄せるように揺れ動くものの動き。「人の波」
  1. 個人ではどうしようもない変化が、かわるがわる生じること。「歴史の波」「国際化の波」
  1. 形状や有様などが、波の形や動きを思わせるもの。「いらかの波」「雲の波」「稲穂の波が揺れる」
  1. 物事の動向にでこぼこ・高低・出来不出来などがあって、一定しないこと。むら。「調子に波がある」「成績に波がある」「感情の波が激しい」
  1. 老いて皮膚にできるしわ。「老いの波」「額の波」
  1. 海水の流れ。うしお・潮流。
    • 「はやき―ありて、はなはだはやきに会ひぬ」〈神武紀〉
  1. 世の乱れ。騒ぎ。ごたごた。
    • 「四海の―も静かにて」〈謡・内外詣〉
  1. 10 はかないもの、消えやすいものをたとえていう語。
    • 「―と消えにし跡なれや」〈謡・江口
  1. 11 紋所の名。1を図案化したもの。
  1. [補説]書名別項。→

なみ【波/浪/×濤】の慣用句

  1. 波に乗る
    • 時勢に合って栄える。時流に乗る。また、調子に乗る。「好況の―・る」
  1. 波にも磯にもつかぬ心地
    • どっちつかずの、落ち着かない気持ち。
      「なまじいに一門には離れ給ひぬ、―ぞせられける」〈平家・七〉
  1. 波を打つ
  • なみ【波/浪/×濤】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ 海には僕等の来た頃は勿論、きのうさえまだ七八人の男女は乗りなどを試みていた。

      芥川竜之介「海のほとり」

    •  土用という高いが風もないのに海岸に打寄せる頃になると、海水浴に来ている都の人たちも段々別荘をしめて帰ってゆくようになります。

      有島武郎「溺れかけた兄妹」

    • ・・・広く寒い港内にはどこからともなく流氷が集ってきて、何日も何日も、船も動かずも立たぬ日があった。

      石川啄木「弓町より」