• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あお・ぐ〔あふぐ〕【仰ぐ】

  1. [動ガ五(四)]
  1. 上を向く。上方を見る。あおむく。「星空を―・ぐ」
  1. 尊敬する。敬う。「師と―・ぐ」
  1. 教え・援助などを求める。請う。「指示を―・ぐ」「助力を―・ぐ」
  1. あおむいてひと息に飲む。あおる。「毒を―・ぐ」
  1. [可能]あおげる
  1. 仰いで天に愧じず
    • 《「孟子」尽心上「仰いで天に愧じず、俯(ふ)して人に怍(は)じざるは、二の楽しみなり」から》心に少しもやましいところがない。俯仰(ふぎょう)天地に愧じず。
  1. 仰いで天に愧じず、俯して地にはじず

「あおぐ〔あふぐ〕【仰ぐ】」の前の言葉

「あおぐ〔あふぐ〕【仰ぐ】」の後の言葉