• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あお・ぐ〔あふぐ〕【扇ぐ/×煽ぐ】 の意味

  1. [動ガ五(四)]うちわなどを動かして風を起こす。「―・いで火を起こす」
  1. [可能]あおげる
  • あお・ぐ〔あふぐ〕【扇ぐ/×煽ぐ】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・泥のままのと、一笊は、藍浅く、颯と青に洗上げたのを、ころころと三つばかり、お町が取って、七輪へ載せ、尉を払い、火箸であしらい、媚かしい端折のまま、懐紙で煽ぐのに、手巾で軽く髪の艶を庇ったので、ほんのりと珊瑚の透くのが、三杯目の硝子盃に透いて・・・

      泉鏡花「古狢」

    • ・・・この狂歌が呼び物となって、誰言うとなく淡島屋の団扇で餅を煽ぐと運が向いて来るといい伝えた。

      内田魯庵「淡島椿岳」

    • ・・・と、小万が煽ぐ懐紙の音がして、低声の話声も聞えるのは、まだお熊が次の間にいると見える。

      広津柳浪「今戸心中」