• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

なるべし【南留別志】 の意味

  1. 江戸中期の随筆。5巻。荻生徂徠著。元文元年(1736)刊。四百余の名称の語源を挙げ、転訛 (てんか) を正そうとしたもの。題名は、各条末に「なるべし」を用いていることによる。