• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あお‐くさ・い〔あを‐〕【青臭い】 の意味

  1. [形][文]あをくさ・し[ク]
  1. 青草から発するようなにおいがする。「薬草の―・い絞り汁」
  1. 人格や言動などが未熟である。「―・いことを言う」
  1. [派生]あおくささ[名]
  • あお‐くさ・い〔あを‐〕【青臭い】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・岡村君、時代におくれるとか先んずるとか云って騒いでるのは、自覚も定見もない青臭い手合の云うことだよ」「青臭いか知らんが、新しい本少しなり読んでると、粽の趣味なんか解らないぜ」「そうだ、智識じゃ趣味は解らんのだから、新しい本を読んだと・・・

      伊藤左千夫「浜菊」

    • ・・・なまで噛むと特徴ある青臭い香がする。

      寺田寅彦「郷土的味覚」

    • ・・・ 甘蔗のひと節を短刀のごとく握り持ってその切っ先からかじりついてかみしめると少し青臭い甘い汁が舌にあふれた。

      寺田寅彦「自由画稿」