• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

にこ‐にこ の意味

  1. [副](スル)楽しそうにほほえみを浮かべるさま。にっこり。「にこにこ(と)笑う」「にこにこして話しかける」

にこ‐にこの慣用句

  1. にこにこがお【にこにこ顔】
    • にこにこした顔つき。えびす顔。
  • にこ‐にこの例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ 藤左衛門は、こう云って、伝右衛門と内蔵助とを、にこにこしながら、等分に見比べた。

      芥川竜之介「或日の大石内蔵助」

    • ・・・何でもこの記事に従えば、喪服を着た常子はふだんよりも一層にこにこしていたそうである。

      芥川竜之介「馬の脚」

    • ・・・三人はようやく安心して泳ぎながら顔を見合せてにこにこしました。

      有島武郎「溺れかけた兄妹」