• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あお‐じ〔あを‐〕【青磁/青×瓷】 の意味

  1. 平安時代に焼かれた、緑色の釉 (うわぐすり) を表面にほどこした陶器。
  • あお‐じ〔あを‐〕【青磁/青×瓷】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・額の捲き毛、かすかな頬紅、それから地味な青磁色の半襟。

      芥川竜之介「影」

    • ・・・が、その中に青磁色のガウンをひっかけた女が一人、誰よりも興奮してしゃべっていた。

      芥川竜之介「彼 第二」

    • ・・・そうしてその机の上へ、恭しそうに青磁の香炉や金襴の袋を並べ立てた。

      芥川竜之介「奇怪な再会」