• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

にんちこうどう‐りょうほう〔ニンチカウドウレウハフ〕【認知行動療法】 の意味

  1. 情緒障害や気分障害などに対する治療技法の一。物事を解釈したり理解する仕方を修正する認知療法と、学習理論に基づいて行動を修正する行動療法を統合した療法。他の心理療法よりも比較的短期間で治療効果が認められるとされ、パニック障害強迫性障害摂食障害不安障害などに効果があるとされる。