• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ぬれ‐ぎぬ【×濡れ衣】 の意味

  1. 濡れた衣服。身に覚えのない罪をいうたとえ。「その疑いは濡れ衣だ」
  1. 根拠のないうわさ。無実の浮き名。ぬれごろも。
    • 「憎からぬ人ゆゑは、―をだに着まほしがる類もあなればにや」〈・紅葉賀〉

ぬれ‐ぎぬ【×濡れ衣】の慣用句

  1. 濡れ衣を着せる
    • 無実の罪を負わせる。「同僚に―・せる」
    • 根拠のない浮き名を立てる。
      「おほかたは我が―・せずとも朽ちにし袖の名やは隠るる」〈・夕霧〉
  1. 濡れ衣を着る
    • 無実の罪を負わされる。「仲間をかばって―◦着る」
    • 根拠のない浮き名を立てられる。
      「名にし負はばあだにぞあるべきたはれ島浪の濡れ衣着るといふなる」〈伊勢・六一〉