• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ねつ‐べん【熱弁/熱×辯】 の意味

  1. 熱のこもった弁論。熱烈な弁舌。「熱弁を振るう」
  • ねつ‐べん【熱弁/熱×辯】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ 勿論、演壇または青天井の下で山犬のように吠立って憲政擁護を叫ぶ熱弁、若くは建板に水を流すようにあるいは油紙に火を点けたようにペラペラ喋べり立てる達弁ではなかったが、丁度甲州流の戦法のように隙間なく槍の穂尖を揃えてジリジリと平押しに押寄・・・

      内田魯庵「二葉亭余談」

    • ・・・人と対談しても、壇上にて憂国の熱弁を振うにしても、また酒の店でひとりで酒を飲んでいる時でも、腕に覚えの無い男は、どこやら落ちつかず、いやらしい眼つきをして、人に不快の念を生じさせ、蔑視せられてしまうものです。

      太宰治「花吹雪」

    • ・・・ったけれど、教壇に立って生徒を叱る身振りにあこがれ、機関車あやつる火夫の姿に恍惚として、また、しさいらしく帳簿しらべる銀行員に清楚を感じ、医者の金鎖の重厚に圧倒され、いちどはひそかに高台にのぼり、憂国熱弁の練習をさえしてみたのだが、いまは、・・・

      太宰治「春の盗賊」